仄仄-HONOBONO-

斎藤工さん出演情報日めくり/ほのぼの日記

TAKUMIX in シネマ(岸和田2部)

Z空調にちなんで、Zの筆順に

関西空港着陸直前・岸和田駅前・会場の外・関西空港ターミナル

 

Z空調の大きな看板か幟があるそうで、椎名先生はいつもびっくりして振り返っちゃうそうです

==========

TAKUMIX in シネマ、岸和田午後の回に参加させていただきました。

ありがとうございました。

 

会員限定イベントなので、「書いてもいいのかしら」と思い悩むこともあります…が、そのたびに「参加できなかったので、ぜひ」「どんな感じだったか様子を知りたい」というお声をいただいてきました。

ありがたいことです…今回もそんな声に甘えさせていただくことにいたします。

 

いつもうまく書けなくて、抜けも多いのにだらだらした記事になってしまいます。

筆致力なし、でございます💧

なお、禁止事項の録音などはもちろんですが、最近はメモもとらないので、順番が前後したり、記憶違いもあるかと思います。

それから、正式発表前のことについては(「中」のレポではご確認いただけますので会員の方はそちらで♩)、控えさせていただきます。ご理解くださいますように。

 

 

<自撮り映像(?)>

映像、シンガポールかな?

これは途中からしか観てなくて…

実は飛行機の到着が1時間近く遅れて、生まれて初めてFCイベントに遅刻しましたorz

そーっと入ったのですが、せっかくの映像が流れている最中に、なんだかいろいろ申し訳なかったです(恥)

えと、飛行機が定刻だったら、遅くとも14:30には会場に着いていたはずなんです…ごめんなさいすみません💦

受付のスタッフの皆様も、あたたかく対応してくださりありがとうございます。

 

映像が終わって、椎名先生のご登場。

工さんの紹介と、会場をあっためるいつもの元気なトークの後、工さんが後方のドアから現れます。

 

工さんは、なぜか「小銭です!」と言いながら、楽屋にあったという飴を客席に配っています。

大阪だから飴ちゃん、ということだったんですね^^

飴は早々になくなり、私物のフリスクまで配り始めます(3粒を4人で分けてね、などと無茶なことをおっしゃる…)

全員分ないよ、ごめんね、とやさしい工さん。

1個ぐらい食べさせてよ〜と拗ねるそぶりでしたが、結局全部配ってしまったみたいでついには

 

斎:ケース欲しいの???

 

フリスクのケース(空箱)をもらった方が、いらしたようです😁

(抽選会の時「さっきフリスクあげた人は何か当たっても返してね」と真顔でいう工さん←もちろんジョーク)

 

 

<blank13メイキング>

これは、メイキング映像と同時に、工さんが生で(!)解説してくださるというもの。

ところが、映像を観ているとトークを聞き逃し、トークに集中すると映像を見逃し。気持ちが忙しかったですね汗

個人的には、先日福岡に来てくださったばかりのリリー・フランキーさんのコメントが聞けたのがすごく嬉しかったです。

メイキング映像だけでも、素晴らしかったですね。

錚々たる出演者の皆さんが、ほんとに楽しそうなんですもの。それが全てを物語っていると思います。いずれディスク化された時には、この映像も収録されるのでしょうか。楽しみです。

ドラマの関係(『運命に、似た恋』)で髪が切れなかったので、急きょ自分の演じる役の設定を変更した、というエピソードが印象的でした。

 

 

<Q&A>

採用していただきました。もうびっくり(O_O)

ありがとうございます。

風邪の特効薬、次回具合が悪くなったら試します(あれとそれとこれと一緒に飲むんでしたっけ←遅刻の動揺も抜けないところに追い打ちで動揺したので自分のも後の質問もよく覚えていない💦)

 

Q:風邪の特効薬を教えてください(行為や食べ物などでも)

斎:商品名出していいのかな?パ◯ロンとか◯◯◯とか、ハチミツ入ってるのもあるけどプロポリスとかね、マヌカハニー…あとポカ◯ね、一緒に飲む

 

どの質問にも丁寧に答えてくださった、工さんでした。

このコーナーの時、台本では会場内を練り歩くと書いてあったそうなのですが(椎名先生談)、工さんは後方座席にいらした時間が長かったようですね。確かに会場の椅子、座り心地が良かったですよ〜。

 

そういえば、会場内を歩きながら皆さんの飲み物&おやつチェックをする一幕も。

持ち込んじゃってすみません、と恐縮するファンの方には

 

斎:大丈夫、そんな堅苦しい会でもないから^^

 

今日は他にそんなに人いないんでしょ?

工さんの若干のんびりした問いかけに

 

椎:普通に上映してます!

 

と漫才のようなやり取りが繰り広げられるという^^;

おふたりの会話が終始こんな感じで、それもまたTAKUMIXイベントならではという気がしました。

 

椎:世の中にこんなにダラダラしたFCイベントのオープニングは他にない

 

名言です笑

 

 

<映画の妖精フィルとムー>

心ばかりの出資をしたので配信で観てはいたものの、映画館のスクリーンで観るのは初めて。

やはり感覚が変わりますね。夢中になって観ました(8分ほどの作品です)。

 

斎:いろんな風に自由に広がってほしい

 

シネマバードや、JICAで行った小学校の子どもたちにも見てもらう、とのことでした。

絶対喜ばれますよね♩

 

 

<抽選会>

詳しい内容ですが、会員の方は限定ページでご確認くださいね。

簡単に、名刺・パラグアイ土産・プレスシート・だるま・ポスター・旅行券・手押し相撲

 

名刺は観光大使の名刺だそうです。ご自分の名刺は持ってないとか。

芸能人は顔が名刺ですから、と椎名先生。

サインが入れられるものにはサインを入れて、後ほど受付で、と言うことでした。

今年も「カップ」で発表した工さん笑

トークの合間に抽選箱を揺すって混ぜているんです。すごい…

 

抽選会の様子を少しご紹介します。

とある場所への往復旅行券。 これは1名の方に。

まずはアルファベットのみを発表して、「どこ?」と工さん。前方だったのですよね。なので楽しそうに「この列か〜」と一人一人の顔を見て、当たり番号をなかなか発表せず、焦らし作戦の工さんと椎名先生。近くの席の方に当たりました、おめでとうございます🎉

当たった方が感極まっている様子を声真似する、お茶目な工さんだったのでした。

 

そして、なんと工さんと手押し相撲ができる権利。

芸能界手押し相撲最強(?)を誇る工さんの強さの秘訣は、力じゃなくて相手の軸をずらすことらしいですよ。

これは見ていても楽しかったです。盛り上がりました。

 

斎:東京は強かったぞ〜危なかった、結構長く続いたよね

 

何はともあれ、手押し相撲最強伝説(?)更新中。

 

 

<秘蔵写真>

秘蔵写真も印象的でしたね〜こんなにいろいろな役を生きているのか、こんなに多くの人との出会いがあったのか。改めて驚かされます。

レスリーさんが撮影した写真も、大きなスクリーンで見ると素晴らしくて、改めて見とれてしまいました。

 

斎:タトゥ入れたんですよ( ̄ー ̄)

 

真顔で冗談を言う工さんでしたが、なんとかって言うペインティングですよね(ど忘れ)。

この時期は先住民族について、いろいろ勉強していた(研究って言われてたかも)とか。

ヌードに近いものもあったかな?このポーズの時何を考えてたんですか?と椎名先生に訊かれて

 

斎:◯◯◯を見せる!

 

(^◇^;)……

 

午前中のイベントのことも、少し話してくださいました。

あるエピソードを話したそうなのですが

 

斎:握手会のとき7割ぐらいの人に「お体だけは気をつけてください」って心配されて…おじいちゃんみたいな気分になった^^;

こういう話は(みなさんが心配するから)あんまりしちゃいけないんだとわかりました。

あ、でもね、昨日はよく寝た

椎:どのぐらい?

斎:5〜6時間ぐらい

 

時差ボケがまだ残っているのだそう。

移動距離というか移動範囲が尋常じゃないですものね💦

福岡と岸和田を往復するのとはわけが違います。少なくとも時差はないから。

 

 

<ミニライブ>

スタッフさんたちがギターや譜面台をセッティングしています。

 

斎:これはなんですか?チョコレート?

 

と、ボケる工さん。

ギターで弾き語りをしてくださいました。

 

斎:小太りのあの人と一緒にやったりしてたんだけど、お休みしてるんで

 

でも、元気ですからね!と聞いて、安心しました。

豪起さんの明るい歌声も聴きたいですよね。

 

斎:鼻歌程度ですから、気楽に聴き流してください。本当は歌いたい歌とか歌わなくちゃいけない歌がたくさんあるんだけど

 

そう前置きして「家族の風景」をワンフレーズ。

たったワンフレーズなのに、鳥肌立ちました。

 

斎:この後が歌えない…昔は声出たんだけどな、声って歳とるんですよ

 

工さんの場合、だんだんと声(音域)が下に広がっているということを、去年のイベント後、ほかならぬ濱田さんに教えていただきました(音域自体が狭くなったわけではないそうです)。

そして、より声質が深くなってきているんですよね、すごいことだと思います。

 

 

うたまっぷ

 

いやらしい歌だよね、と工さん。

ミスチルお好きなんですよね〜あんな詩は逆立ちしても書けない🙂

そして、豪起さんの『月と太陽』。

拍手喝采でした。

 

斎:終わりました

 

と、舞台袖に控えるスタッフさんに声をかけます。

 

椎:そんな事務的に^^;

 

映像だけのイベントにしたくなかったんですよね、と話す工さんです。

 

椎:歌う、弾く、弾き語りをする。全部違うんです!素晴らしい!あれだけ忙しいのにいつ練習を

斎:詳しいっすね

椎:ミュージシャンの知り合いが多いので

斎:歌います?

椎:私は歌手じゃな〜い!

 

椎名林檎、と言いかけて、椎名先生に「いいから!」と叱られる工さんだったのでした。

息ぴったりです笑

 

 

<それぞれの日々>

斎:この1年、皆さんいろいろあったと思います。僕もそうです、いろいろありました。

僕なんかよりずっと辛いことが起こった人がいるかもしれない。これから起こるかもしれない。

でも、そんな中でも(僕の)作品や映像を通して、日常のエネルギーになればと願ってます。

逆もそうなんだよ。みなさんは僕にとってソーラーエネルギーのようだし、たくさんパワーをもらってるし、お互いにやり取りをしているんです。

表に出る仕事をしている人間は(ファンとの関係が)みんなそうだし、そうでありたいと思ってる

 

 

ぐっときましたね…。泣いてる方も。

 

 

<握手会&懐かし映像、あたたかく細やかな心遣い>

画像が粗いけれど昔の映像を、ということで懐かしい映像を楽しみながら、握手会の順番を待ちます。どうしよ〜飛行機の時刻がギリギリだ、と思っていたら椎名先生から

 

椎:飛行機や電車の時間など都合のある方はスタッフに申し出てくださいね

 

このさりげない一言が、わたしのような遠征組にとってどれだけありがたかったことか。

もっと遠くからの方もいらっしゃったでしょうし、乗り継ぎがわたしどころではなく大変だった方もおられたことでしょう。

それでなくても、南海本線は先の台風による被害で一部区間が通れなくなっているのですから…

幸いわたしの利用した空港線は大丈夫でしたが、日によってはダイヤの乱れもある様子。

なので、実は帰りもかなり不安だったのです。

もしかしたら、受付のスタッフさんから何かが伝わっていたのかもしれないのですが、まさに心遣いの一言でした。

「順番を早くしていただけませんか?」と申し出るのは、やむを得ない理由があっても言いだしにくいものです。感謝いたします。

 

と言うことで少し早い順番待ちをさせていただき、何も考えることができないまま握手会にのぞみました。衝立も何もなく、やや高速の握手です。

うわ、どうしよう(汗)メガネ男子な工さんが至近距離に。

真っ白になりかけながら、ずっと直接お伝えしたかったことをひとつだけ。

 

さ:「チェイス」の頃から応援してます、今日はありがとうございました

斎:ありがとうございます…ほんとにありがとう

 

最高の笑顔、いただきました♡

ブレスレットしてらしたな…多分、TAKUMIZMのFacebookで上がっていたような気がします。

Q&Aのお礼を言い忘れた💧一言ずつだったので、仕方ないですね^^;

いつも何かを忘れます。

 

夜の福岡空港、西鉄の送迎バスからパチリ📷

なんと最後まで西鉄のお世話になった旅だったのでした

==========

拙いブログにおつきあいいただき、ありがとうございます。

今日もいい日でありますように。

 

 

*おまけエピソード

工さんは楽屋でたこ焼きを召し上がった模様