なんでもないDiary

斎藤工さんの出演情報日めくり(私設)/なんでもない日々のこと

福岡アートショウ・トークショウ#3

福岡アートショウの前に、我が家にはにしまりちゃんの新作アートがやってきていました。

このアート、問い合わせが未だにとても多く、彼女の最近の作品の中でも非常に人気が高いと伺っています。ですが、海外からにしまりちゃん経由(間に配送業者さんが入ります)で届いているため、このままだと日の目(?)を見ないままになってしまいそうです。

せっかくの機会です。初日に小さなアートを持参したときに「もしご迷惑でなければ…」と申し出て、急きょ2日目の午後からこの大きめアートも展示させていただく運びになりました。

 

最終日、約束の時刻に会場を訪れると、人の少なくなったタイミングでアートを持ち帰りやすいように包んでくださいました(ありがとうございます!)。

蒸し暑い日でしたが、雨でなくてよかったです…持ち込んだ日も、なかなかの豪雨だったんですが、いろんなパワーに守られたのでしょう、三日間無事に自宅と会場を往復できました(^_^;)

 

ところで、不思議なことが起こりました。

アートを抱っこして駅に向かっていると、手元から歌声が聴こえたんです。周りには、音を出すようなものは何もなくて、思わず「さっき挨拶したばかりのご近所さん?」と振り返ってしまいました。

でも、その人の声ではないし、手元から歌声なんて…そうなのです、つまり。

 

…アートが楽しげに歌っているではないですか(O_O)

 

前にも、にしまりちゃんが作った木札からあれこれ聴こえたという体験があったので怖くはなかったですけど、電車の中で歌いだしたらどうしよう、って真面目に悩みましたもん(そこ?)。

にしまりちゃんに、こんなことがあって…とお伝えしたところ、「それ、音霊(おとだま)です」と教えていただきました。

 

さて、電車を乗り継いで帰宅し、アートを元の場所に飾ろうと包みを開けたとき。

今度こそ腰が抜けるかと思いました😅

 

アートが見るからにキラキラ生き生き(にしまりちゃん風に書くのであればピチピチ)してるんです。

 

も、エネルギーが充填されてますよ、みたいな。

あまりにも雰囲気が違うので、スピ的能力のない私でもすぐにわかりました。

やっぱりたくさんの人に可愛がられたり、仲間のたくさんのアートと過ごしたり、にしまりちゃんと再会できたのが嬉しかったのかも。

 

大きめアートと一緒の往復は確かにちょっと大変だったけど、思いがけずたくさんの“ギフト”をいただくことになりました。

 

信じる信じないは、おまかせいたします。

今日もいい日でありますように。

 

*夜間

誰もいなくなったアートショウの会場で、「ナイト ミュージアム」ほど激しくはなかったとしても、きっといろんなことが起こっていたに違いない…割と本気でそう信じています。

にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ