なんでもないDiary

斎藤工さんの出演情報日めくり(私設)/なんでもない日々のこと

TORJA

こちらが一番読みやすいのかな?というリンクを貼っておきますね^^

内容は雑誌(WEB版も)と同じです。リンク先によって縦書きか横書きかの違いがありますので、お好みで。

 

*横書き

祝!トロント日本映画祭 齊藤 工 監督 スペシャルインタビュー&舞台挨拶密着|トロントを訪れた著名人 | TORJA
AUDIENCE CHOICE KOBAYASHI AWARD受賞 海外でも数々の賞に輝いている初長編作品『blank13』カナダ初公開記念 実話に基づくある日本の家族の物語を映画化した『blank13』は、突然失踪した父の空白の13年間を描いたストーリー。海外でも公開され話題を集めた同作品は日本で今大活躍中の斎藤工さん初となる長編監督作品だ。今年のトロント日本映画祭のハイライトとなった舞台挨拶のためトロントを訪れた齊藤工(監督名義表記)さんは、当日着のフライトだったにも関わらずレッドカーペットでは、ファン一人一人と丁寧に握手や記念撮影を交わし、観客からのQ&Aにも英語を交え丁寧に回答するなど多くの人たちを魅了した。 スペシャルインタビュー 6月22日に上映された『blank13』は、齊藤監督にとって初の長編作であり多くのこだわりが詰まった作品だ。齊藤監督の友人であるはしもとこうじさんの実話を映画化した同作品は、もともと二人の出会いのきっかけはお笑い番組だったそうだ。初めてコメディーに挑戦する人気俳優の斎藤さんがかなりの時間を費やし完璧な演技を求めていて感心したと、はしもとこうじさんはコメントしている。シリアスな演技だけでなくお笑いにも情熱を注ぐ理由は、齊藤監督にとって斬新かつ新しい感覚を吸収したい一心だったそうだ。過去にそのバラエティー番組で知り合った「あばれる君」を「バランサー」という作品で主演に抜擢するなど、幅広い交友関係を持ち、監督業に活かしている齊藤さんの人間力を語ってもらった。 ー先ほどカナダに着いたばかりで当日の舞台挨拶となりましたがお疲れの様子もなく、大変丁寧にファンの方々と交流されていましたね。 この作品では幾つもの海外の映画祭に呼んでいただいたり、同時期には別のプロジェックトでマダガスカルにも行ったりと、なんだか時差というものを感じなくなったというか、慣れを感じてきて いるように思います。 人の心を動かすことができる作品であってほしい ートロントの次はニューヨークの映画祭でも公開予定と伺いました。日本特有の要素を持つ作品が文化も違う海外各国で上映されるというのは、齊藤監督にとってどのような心境でしょうか?

日本にいながらにして、工さんの貴重なインタビュー記事を読めることがありがたく、嬉しくてついつい多めにSNSで呟いてしまいました(^_^;)

雑誌を入手しにくい環境にいるファンのため、配慮してくださったTORJAスタッフのみなさまには、本当に頭が下がります。

もちろん、インタビュー記事のシェアやダウンロードは日本からも簡単にできますし、プリントアウトも可能。

でも、もしできることならもう少し大きい表示(画面拡大の作業いらずで)で読めるといいな、などと、わがままなことを密かに思っていたところだったのです。

なので、深夜この記事リンクを見つけた時は

 

ありがとうございます!

 

…と寝床で声に出してしまいました(安眠妨害)

 

これを機会に、バックナンバーも読み進めていきますね📚

TORJAスタッフのみなさま、改めまして本当にありがとうございました。

 

今日もいい日でありますように。

にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ