仄仄-HONOBONO-

斎藤工さん出演情報日めくり/ほのぼの日記

採点が甘くなる

賛否の“賛”も“否”も、あるほうがいい。

 

工さんは、自分が参加した作品に対しても、そう話しています。

確かにそうなのです。『blank13』に対して、厳しい評価があったことも事実。

人の好みは多種多様、受け取り方も千差万別。ただし。

 

わたしなどは、どうしても目が眩んで“賛”に傾きがち😅

むろん、工さんの出演作品の中に、怖かったりおどろおどろしかったりして、「うわぁ(^◇^;)」となってしまったものもあります。あれとかそれとか

 

点数をつけるという意味ではないのですが、なんというか「採点が甘くなる」部分はあるのかもしれません。

あるいは逆に、うんと厳しい目線で見るとか。

 

だからでしょうか、今でも「これから斎藤工さんを知る事になる」人たちが、ちょっとだけ羨ましくもあるのです。

 

今日もいい日でありますように。

 

 

*アート

Mari Nishimuraさん(にしまりちゃん )のアートに対しても、ファン目線がはたらく部分はかなりあります。

彼女も、いまや世界中で知られつつある画家。

こちらがSNSで「うふふ」と作品を愛でている間に、海外の方が即決していた、なんてこともあるので、なんちゃってコレクターとしては気が抜けなくなりました^^; あくまでも「なんちゃって」です